本題の前にっ・・・&戦利品着弾!

ども~


今日は良い天気でおまっ!
気温も丁度良く最高でしたね^-^

部材が届くまで
試作品作り~^-^
DSC00365.jpg
少し試したい事ががあり
やってみます!
 DSC00366.jpgDSC00367.jpg
ふむふむ
ここからが重要☆

そして・・・
DSC00369.jpg
デデーーーン!
この特有の経年変化を存分に
味わいたくGetしました!
紹介文が長いですが読むとプエブロの面白さが
わかるはず☆
良かったらお時間あるときにどうぞ!
では紹介分をばっ(※NET表示抜粋失礼します)
色にせよ、質感にせよ、エイジングによって生じる大きな変化は、決してプエブロの魅力を損なうものではありません。経年変化によって生まれる色の濃淡や擦れ、キズなどは持ち主ごとの個性として製品に刻まれ、それがまた唯一無二の美しさと愛着を生み出すのです。
 もともとプエブロはその古典的な製法ゆえに、色味が均一ではなく、ロットごと、あるいは1枚の革のなかにも微細な色ムラが見られますがそれも魅力のひとつ。革の魅力を知る人ほど評価の高いのがこのプエブロなんです。
プエブロ「バケッタ製法」と呼ばれるイタリアの伝統的な製法で、植物性タンニンだけを使って鞣し、長い時間をかけて牛の脚から採った脂をたっぷりと染み込ませて作られています。
 表面はわざと毛羽だったような起毛加工が施されていることもプエブロの特性です。起毛革は「ヌバッックレザー」とも呼ばれ、使い込むことで表面の毛羽立ちが寝たり摩耗したりするとともに、人の手の脂などが染み込むことで、経年変化が一般的な皮革素材よりも速いペースで起こります。

  吟面をやすりなどを使って起毛処理を施していることから、新品の時にはざらざらと艶のない状態ですが、使用時間を経るとこれが滑らかに馴染んでいき、同時に大きく色味も変化します。
 プエブロのカラーは艶やかでありながらも、どこか素朴な味わいのあるものが揃っていますが、表面が滑らかに変化していくと同時に、色合いは濃く、深みを増していきます。
色にせよ、質感にせよ、エイジングによって生じる大きな変化は、決してプエブロの魅力を損なうものではありません。経年変化によって生まれる色の濃淡や擦れ、キズなどは持ち主ごとの個性として製品に刻まれ、それがまた唯一無二の美しさと愛着を生み出すのです。
 もともとプエブロはその古典的な製法ゆえに、色味が均一ではなく、ロットごと、あるいは1枚の革のなかにも微細な色ムラが見られますがそれも魅力のひとつ。革の魅力を知る人ほど評価の高いのがこのプエブロなんです。


☆良かったら下記サイト覗いて下さいませっ☆

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
いつも応援クリックありがとうございます‼

コメント

非公開コメント

プロフィール

gkg1001

Author:gkg1001
GKGによるGKGの色々な事をGKGが記録していく!

スポンサーリンク

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR